FC2ブログ

高ISOよ、さらば!

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking170.png

ISO、主に銀塩時代から使われていた規格で銀塩から撮っている人たちにはフィルムの感度でなじみが深いでしょう。ISO100、200、400、種類によっては低感度の50や高感度の800、1600もありました。私が銀塩時代に主に風景で使っていたのがフジフィルムのリバーサルフィルム「ベルビア」でした。とても発色が派手なフィルムでしたが実効感度が低く、ISO50でしたが適正露出で撮るとアンダーになります。でもこのアンダーの味付けが風景写真で生きたのです。
話が余談になりましたが私が思ったのは一眼レフカメラがデジタルが主流になって、感度とは意味をなすものなのかということでした。素人的な考えだとデジタルだからISOなどの設定はなくしていくらでもCMOS(CCD)に光を通すことができれば夢のような写真の世界がひろがるなあと思いました。ところがどっこいそう簡単にはいきませんでした。ISOを上げて光を通す量を増やせば「ノイズ」という大敵が顔を出します。これはやっかいなものでプリントしたとしてもザラザラの醜い写真になってしまいノートリのL版でなんとか目立たないかなといった状態です。(キヤノンで言うとISO800以上かな?)Web上でも800×533pixレベルでも結構目立ってしまいます。ノートリならいざ知らず、トリミングをすればどんどんとノイズを大きくして行く結果になってしまいます。私のようなトリミング前提の撮り方をする者にはこれはやっかいです。私はカワセミ撮影を始めた頃は少しでもシャッタースピードを稼ごうとISOを400、時に800にして撮っていましたがピントチェックでモニターで画像を確認するとがっかりしました。ノイズが気になって仕方が無いのです。せっかく撮ったトビモノの写真もプリントしてがっかり。作品として見るにはあまりにもノイズが醜かったのです。そこで仲間の助言もあり、ISO200で撮ることにしました。これならなんとか使える。この当時はC社の1Dmk2を使っていたのでISO200のノイズはあまり気になりませんでした。そしてISO200が主流になった時はむやみに感度を上げないようにするために200を超える感度で撮影したものは写真じゃないと思うようにしました。(高感度で撮っている人、ゴメンナサイ。)こうしてISOに関する悩みは決着が着いたかのように思いましたが思わぬ落とし穴が待ち受けていたのです。(次のコラムに続く)

当時の在庫より(photoshopCS2にてノイズ低減処理していますがグリーンノイズが盛大^^;)

Canon EOS10D
焦点距離 600mm(300mm×2)
露光時間 1/640秒
F値   6.3
ISO  400
露光モード M
D.P.P ver2.1.1.4→PhotoshopCS2
撮影日時  04/06/05 9:17/22
トリミング


コメントの投稿

非公開コメント

野鳥を守ろう
カレンダー
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

人気ブログランキング
2つのバナーを応援クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブログ開始から何日経った?
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
since 2006.02.04
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

shirou-miz

Author:shirou-miz
野鳥撮影は13年目。他に風景、最近では赤道儀を回して天体写真も撮っています。
雑誌「デジカメ年賀状工房」にカワセミの画像が年賀状サンプルとして掲載。2014年度「乗鞍岳を撮ろう写真コンテスト」入賞

管理人から
このサイトはリンクフリーです。コメントなどで御連絡頂けると有難いです。 このサイトで使用している画像及び文章の無断転載は禁止です。 ご意見、ご感想などありましたらこちらまでどうぞ。 Copyright©Shirou Mizukami
別館
shirou%27s%20style2.png
scooter.png
%E9%A0%91%E5%BC%B5%E3%82%8C%E3%80%81%E3%81%B4%E3%82%88%EF%BC%81%EF%BC%81.png
写真館
リンク
野鳥写真人気ランキング
当ブログの現在のランキングはこちら↓↓↓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR