FC2ブログ

ニコンへの道(5)~D2Xへの想い~

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)



ニコンD2X、画質のフラッグシップ機であるD1Xの後継機としてH17年の2月に発売になりました。有効画素数1240万画素、秒間5コマ、これだけならカワセミの撮影にはあまり魅力を感じなかったのですがなんと当時の速写のフラッグシップ機D2H顔負けのクロップ高速モードで画角がなんと35mm換算で2倍、秒間8コマ、RAW時のバッファが29枚という画質と速写性の両立をさせたハイスペックマシンでした。クロップモードとはファインダースクリーンの枠内を切り出して画素数を減らすことによって連写を稼ぐというカメラ内のトリミングと考えていいでしょう。これでも約680万画素を誇ります。当時キヤノン使いの私には非常に羨ましくこのカメラを横目で見ていましたが、使っている人の話だと高ISOに弱く、気にする人はISO200でも非常にノイズが気になるということやクロップは所詮おまけ機能でファインダーの枠内に収めるのは難しくトマリモノの時には構図が取りにくい、などと聞いていたのでやはりニコンはキヤノンにはかなわないんだなと思って少し安心していたのでした。
ところがそのD2X使いの人が撮る画は解像感のある非常に素晴らしい画でした。もちろんこのカメラを使いこなす超一流の技術があるからこそですが、私と同じ場所で撮った遠いカワセミのバチピンブレ無しのトマリモノ画像を比較するとあきらかに質感が違うのです。MarkⅡの画に限界を感じ始めていた私には非常にショッキングでした。(限界というのはあくまでも私の撮り方でということです)しかも以前からニコンの発色はカワセミのコバルトブルーや新緑の緑色を表現するのにぴったりだと感じていました。画質に破綻が無くノイズ感のないのっぺりした感じのキヤノン。低ISOでも若干ノイズ感が残るが解像感のあるニコン。この両者の特長は本当に対照的だと思います。しかしD2X使いの人の画を毎回のように魅せられて(いや見せられてか?)いった私はD2Xで撮っている自分が夢にまで出てきたのです。ここまでくると今までのパターンでは我慢できなくて買ってしまうのですが、物欲モード全開時に1週間だけ我慢できたのです。(そんなの自慢になるか・・)そしてやはりD2Xをポチッと逝ってしまったのです。D2Xの倍近い価格のヨンニッパ2型と一緒に・・・(次のコラムに続く)

在庫より

Nikon D2X
焦点距離 400mm(800mm相当)
露光時間 1/640秒
F値   2.8
ISO  100
露光モード M
Nikon Capture Editor 4.4
撮影日時 06/04/19 15:02/48
クロップ、トリミング





コメントの投稿

非公開コメント

野鳥を守ろう
カレンダー
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

人気ブログランキング
2つのバナーを応援クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブログ開始から何日経った?
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
since 2006.02.04
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

shirou-miz

Author:shirou-miz
野鳥撮影は13年目。他に風景、最近では赤道儀を回して天体写真も撮っています。
雑誌「デジカメ年賀状工房」にカワセミの画像が年賀状サンプルとして掲載。2014年度「乗鞍岳を撮ろう写真コンテスト」入賞

管理人から
このサイトはリンクフリーです。コメントなどで御連絡頂けると有難いです。 このサイトで使用している画像及び文章の無断転載は禁止です。 ご意見、ご感想などありましたらこちらまでどうぞ。 Copyright©Shirou Mizukami
別館
shirou%27s%20style2.png
scooter.png
%E9%A0%91%E5%BC%B5%E3%82%8C%E3%80%81%E3%81%B4%E3%82%88%EF%BC%81%EF%BC%81.png
写真館
リンク
野鳥写真人気ランキング
当ブログの現在のランキングはこちら↓↓↓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR