ISO100にこだわる(其の壱)

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking200.png

(前回のコラムの続き)
ある日、天気が良い日でした。晴れているにもかからわず仲間が「ISO100で撮ろう」と言い出したのです。こんな晴れの天気の日はssが上がるのでISO200で1/1250秒も余裕でした。まあこの頃は最低でもssが1/1250秒でないとトビモノは撮れないと思っていたのです。そんな日になんでわざわざISO100にしなければいけないのか理解に苦しみました。でもゲーム感覚でISO100にして陽が陰ろうともISOを上げるのを禁止しました。これが辛いこと辛いこと・・・今までトマリモノはISO100にすることは多かったですがトビモノでISO100はほとんど経験がありません。ssが1/640秒、1/400秒、そして1/320秒と転げ落ちるように陽が陰ると共に下がっていきます。トビモノは当然の如くブレ写真の量産です。せっかくピントが合っているカットもカワセミの目が流れていたりして使い物になりません。「こんなことをして何が楽しいんだ・・・」チャンスをことごとくモノに出来ない私は悔しさが募るだけでした。ところが微妙に失敗した惜しいカットを見て見ると実に躍動感があるのです。背景はそこそこ流れ、カワセミの羽のブレもすごくいい感じなのです。それは4桁のssでは得られない描写でした。「そうか、今までは高速ssでカワセミを写し止めていただけなんだ・・・」ふと、こう気づきました。写し止めるのではなくカワセミと一緒にファインダーでスポーツしなければ躍動感のあるトビモノの写真は撮れない、そう考えるとISO100縛りは実にいい修行ではないかと思うようになりました。確かに在庫は思うように作れません。時にカワちゃんのサービスが良かった日でも一枚も使える画が撮れない時もありました。曇りの日はssが2桁しか出ない日もざらにありました。でも躍動感あるトビモノの画を目指してひたすら我慢の修行をするしかありませんでした。(其の二に続く)

在庫より(こちらはISO50、チャレンジ画像です^^;)

Canon EOS-1D MarkII
焦点距離 840mm
露光時間 1/60秒
F値   8.0
ISO  50
露光モード M
D.P.P ver2.1.1.4→PhotoshopCS2 
撮影日時 06/01/03 14:38/51
トリミング



高ISOよ、さらば!

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking170.png

ISO、主に銀塩時代から使われていた規格で銀塩から撮っている人たちにはフィルムの感度でなじみが深いでしょう。ISO100、200、400、種類によっては低感度の50や高感度の800、1600もありました。私が銀塩時代に主に風景で使っていたのがフジフィルムのリバーサルフィルム「ベルビア」でした。とても発色が派手なフィルムでしたが実効感度が低く、ISO50でしたが適正露出で撮るとアンダーになります。でもこのアンダーの味付けが風景写真で生きたのです。
話が余談になりましたが私が思ったのは一眼レフカメラがデジタルが主流になって、感度とは意味をなすものなのかということでした。素人的な考えだとデジタルだからISOなどの設定はなくしていくらでもCMOS(CCD)に光を通すことができれば夢のような写真の世界がひろがるなあと思いました。ところがどっこいそう簡単にはいきませんでした。ISOを上げて光を通す量を増やせば「ノイズ」という大敵が顔を出します。これはやっかいなものでプリントしたとしてもザラザラの醜い写真になってしまいノートリのL版でなんとか目立たないかなといった状態です。(キヤノンで言うとISO800以上かな?)Web上でも800×533pixレベルでも結構目立ってしまいます。ノートリならいざ知らず、トリミングをすればどんどんとノイズを大きくして行く結果になってしまいます。私のようなトリミング前提の撮り方をする者にはこれはやっかいです。私はカワセミ撮影を始めた頃は少しでもシャッタースピードを稼ごうとISOを400、時に800にして撮っていましたがピントチェックでモニターで画像を確認するとがっかりしました。ノイズが気になって仕方が無いのです。せっかく撮ったトビモノの写真もプリントしてがっかり。作品として見るにはあまりにもノイズが醜かったのです。そこで仲間の助言もあり、ISO200で撮ることにしました。これならなんとか使える。この当時はC社の1Dmk2を使っていたのでISO200のノイズはあまり気になりませんでした。そしてISO200が主流になった時はむやみに感度を上げないようにするために200を超える感度で撮影したものは写真じゃないと思うようにしました。(高感度で撮っている人、ゴメンナサイ。)こうしてISOに関する悩みは決着が着いたかのように思いましたが思わぬ落とし穴が待ち受けていたのです。(次のコラムに続く)

当時の在庫より(photoshopCS2にてノイズ低減処理していますがグリーンノイズが盛大^^;)

Canon EOS10D
焦点距離 600mm(300mm×2)
露光時間 1/640秒
F値   6.3
ISO  400
露光モード M
D.P.P ver2.1.1.4→PhotoshopCS2
撮影日時  04/06/05 9:17/22
トリミング


スカに強くなろう!

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking180.png

最近、極度の在庫不足&カワセミ撮れない病が続きせっかくリニューアルしたブログも今ひとつ冴えません(^^;まあ被写体あっての鳥撮りですから技術やら作品性やらを論ずる以前に肝心の主役が遊んでくれないのではどうにもこうにもなりません。サービスが悪い状況でやっとの思いで撮れたトビモノも拡大してがっかし。・・とまあこんな状況を我々鳥屋さんたちは「スカ」と呼びます。正式には気合入れて出撃したにもかかわらずお目当ての鳥さんに出会えずに帰ってくることですが、現像する気がおきない写真しかない状況もスカと同然な訳です。でも実はスカが大事だということは皆さん気づいていらっしゃいますか?誰でもスカを期待して出撃しないとは思いますがこれが重なるから撮れた時の感動が大きいのです。スカが多ければ多いほどこの感動の大きさは比例します。やらせ行為によりお立ち台に止まる鳥さんを撮るのが当たり前になっている鳥屋さんには無縁の話ですが「スカ」こそが鳥屋さんを強くするといってもいいでしょう(??)毎日グリーンのバックでカワちゃんが10秒以上のホバをひっきりなしにやっていたらすぐに飽きてしまうだろうしヤマセミやアカショウビンがいとも簡単に出会えてしまったら写真の価値がなくなってしまうでしょう。カワセミの出が悪い時は、自分が初めてカワセミに出会った時、枝に止まっているカワセミに「お願いだから飛ばないでくれ・・」と念じながら手がガクガクブルブル震えながらシャッターを切ったあの時を思い出すようにしています。そして、ああ今日もここのカワちゃんが無事にいるんだなあ・・と週に2回のカワちゃんとの出会いを満喫するようにしています。

・・・・・・なんてちょっと無理が入っているかぁ~(爆)


初めて撮った銀塩カワセミ(もろ日の丸^^;)

Canon EOS-1vHS
焦点距離 600mm(300mmf2.8+2倍テレコン)
露光時間 不明
F値   たぶん5.6
たぶん Fujifilm トレビ400C
露光モード Av
Epson GT9700F(スキャナ)→PhotoshopCS2 
リサイズ、レベル補正、カラーバランス、ノイズ低減、スマートシャープ
ノートリミング

あなたはノートリにこだわりますか?

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking140.png

すでにネタが尽たのでコラムでお茶を濁します(^^;
最近、普段お世話になっている「とり撮り::BLOG」
掲示板でトリミングの有無について議論がありました。トリミングについての意見は確かにいろいろあると思います。せっかく構図を決めてやっとの思いで撮った一枚は切らないでそのままの方が自然でいいですよね。私は銀塩で風景を撮っていたので「トリミング」なんて発想はありませんでした。でも縁無しでプリントすれば端っこがトリミングされてしまいますよね。でも時代はデジタルに移行して、「トリミング」するセンスを磨くのも撮影手法の内の一つと考えるようになりました。「トリすると画質が悪くなる」なんて意見も出ていましたがこの高画素の時代にこれはちょっと古いな、と思いました。むしろ写真の基本がしっかり出来ていないとトリミングはその写真の粗を見る人に露呈してしまって撮影者は墓穴を掘るだけです(^^;(よくぶれている写真をシャープを強くかけて余計にブレを目立たせてしまう人もいますが・・)でも完璧にきている画はトリすることによって生きてきます。イコール、よほど近い画でなければトリしないと解像感は表現し難いのではないかと思うのです。ですから最低感度で撮ってノイズを最小限に抑え、バチピンブレなし適正露出の3拍子そろった画を目指すんでしょうね。要はトリミングしてようがノートリであろうがそれは撮影手法のこだわりであって、大事なのはその画をどうやって見る人に伝えるかということではないかと思います。やはりふだんフィールドに通うのも自己満足のカワセミの記録写真を撮りに行くのではなく、これだという作品を撮って見る人を感動させたいと思っている人がほとんどだからでしょうね。私の場合はノートリで撮れれば嬉しいが、トリすることによってその画がもっと生きてくるのであれば容赦なくトリする・・・ってなとこですかね^^;

在庫の在庫^^;

Nikon D2X
焦点距離 550mm(1100mm相当)
露光時間 1/800秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
Capture NX ver1.0→PhotoshopCS2
撮影日時 06/04/15 09:37/13
クロップ、トリミング




キヤノンとニコンの単純比較

人気blogランキング(写真・動物)
ポチっと応援よろしくお願いします(^^)
ranking120.png


早いもので私がニコンを使い始めて早くも5ヶ月が経とうとしています。とりあえず最初の3ヶ月間はニコンの癖に慣れるためにキヤノンを封印してきましたが3ヶ月が経過してからはキヤノンとニコンの撮り比べも出来るようになりました。下の2枚は同じフィールドの同じ枝で撮影したものですが、撮影時期と時間、それに個体も違うかと思いますので参考までに画像の比較をして頂けたらと思います。

Canon EOS-1D MarkII
焦点距離 560mm
露光時間 1/320秒
F値   4.5
ISO  100
露光モード M
D.P.P ver2.1.1.4 
ピクチャースタイル「風景」
色温度  5200K
撮影日時 06/07/23 13:56/35
ちょいトリミング



Nikon D2X
焦点距離 400mm(800mm相当)
露光時間 1/250秒
F値   2.8
ISO  100
露光モード M
Capture NX ver1.0
カラー設定 モードIIIa
色温度  5220K
撮影日時 06/04/23 08:12/43
クロップ、ノートリミング


ううむ・・・こうして見ると光線の状態が違う時間帯とはいえカワセミはニコンかな?特にモードⅢaはカワセミのコバルトブルーが実に綺麗に出ます。キヤノンのほうはピクチャースタイルの「風景」を彩度ゼロの設定で後はほとんどいじくっていません。もう少し細かく追い込んでみると結構変わるかもしれません。これからもこの両者の比較は頻繁に行いたいと思います。(出来るだけ条件を同じにしてね)

野鳥を守ろう
カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

人気ブログランキング
2つのバナーを応援クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
ブログ開始から何日経った?
アクセスカウンター
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
since 2006.02.04
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

shirou-miz

Author:shirou-miz
野鳥撮影は13年目。他に風景、最近では赤道儀を回して天体写真も撮っています。
雑誌「デジカメ年賀状工房」にカワセミの画像が年賀状サンプルとして掲載。2014年度「乗鞍岳を撮ろう写真コンテスト」入賞

管理人から
このサイトはリンクフリーです。コメントなどで御連絡頂けると有難いです。 このサイトで使用している画像及び文章の無断転載は禁止です。 ご意見、ご感想などありましたらこちらまでどうぞ。 Copyright©Shirou Mizukami
別館
shirou%27s%20style2.png
scooter.png
%E9%A0%91%E5%BC%B5%E3%82%8C%E3%80%81%E3%81%B4%E3%82%88%EF%BC%81%EF%BC%81.png
写真館
リンク
野鳥写真人気ランキング
当ブログの現在のランキングはこちら↓↓↓
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR